向井時雨のあまごい。

mukaisigure official website

フェイクニュースの真実 その1

日記らしい日記を書こうと思って良い感じのネタがあった時に書こうとした結果。
1週間以上更新しないという体たらく。

 

THE ですよねー笑

 

とまぁ久々の更新になるので、少し硬めの話題ですがぶっこんだ話題を一つ。

 

「プリマジ炎上事件の真相について」

 

全5話の連載です。

 

 

炎上のきっかけ

自分はPri☆mage(通称:プリマジ)というグループに所属しているのですが、2年ほど前にプリマジが出演したライブで炎上する自体が発生しました。

 

きっかけは、Twitterのフォロワー数がある程度いらっしゃるとあるユーザに対して匿名ユーザからリプライが送られた事からです。

 

「うたプリの声真似をしてうたプリの楽曲を使用し有料ライブを行うグループをご存知ですか?」

 

「うたプリファンを利用し金儲けをする輩をどう思いますか?ライブの告知にはハッキリとうたプリの楽曲を使うと書いてあります。また、HPもトレスしたような画像を使用しています。凄く悲しい…」

 

「うたプリファンを利用し金儲けをしている」と思われた事は悲しいですが、解釈の仕方は人それぞれですのでこれは仕方の無い事だと思っています。
さらに、共感を得たいという気持ちから特定のユーザに対してリプライを送ったというのも理解できます。

 

  • 「声真似をしている人間が有料ライブを行って良いのか?」
  • 「ライブでうたプリの楽曲を歌うのは良いのか?」
  • 「HPでトレスしたような画像が使われているが良いのか?」

 

きっとこのユーザが思っていることはこう言った内容なのだと思います。

 

先にこれだけは名言しておきますが、声真似をしている人間が有料ライブをする事も、ライブでうたプリの楽曲を歌う事も問題はありません。
またHPで使われていた画像は完全書き下ろしのイラストでした。

 

そもそも多くの方が勘違いしていましたが、うたプリ楽曲をライブで歌う行為はブロッコリーの二次創作における禁止項目には当てはまりません。

これはJASRACのサイトからも楽曲の権利を確認できます。

そして主催側もJASRACに申請をきちんと行っており書類も確認しています。

 

むしろライブに関して問題となるのは「うたプリの公式イベント」と思われる表現があった場合です。

その証拠に、過去に別の方が企画されていた「うたプリの公式イベントと勘違いする可能性があるイベント」に対してはブロッコリーサイドから注意喚起が直接行われました。

その点、プリマジのライブについては細心の注意を払っていましたので何の連絡もありませんでした。

 

このリプライをよく読んでみると実は「問題行為をしている」という明確な発言はありません。

つまり「きっと良くないだろうから気に食わない」もしくは「その辺りの事に詳しくないが問題行為をしている気がする」という意図で書かれています。


・・・そして、そのリプライを受け取ったユーザはうたプリの熱狂的なファンでした。

 

つづく 

フェイクニュースの真実 その2 - 向井時雨のあまごい。