向井時雨のあまごい。

mukaisigure official website

フェイクニュースの真実 その4

「フェイクニュースの真実 その3」のつづきです。

 

今回は炎上をさらに加速させる「炎上で得をする人間」について解説します。

 

 

第三の勢力

炎上するネタがある程度の認知度になると別の勢力が動く事になります。

 

それがまとめブログです。

 

現に炎上していた当時、しばらくしてからこの件に関してのまとめブログが乱立しました。

実はまとめブログは閲覧を稼ぐ事で収益を出す仕組みが存在しています。

いわゆるフェイクニュースが流行った一つの理由ですね。

 

この仕組みは広告収益とよばれ、簡単に言ってしまえばそのサイトを見る人が増えれば増えるだけ企業から収益が発生します。

ユーチューバーなどの主な収益もこの仕組みを活用しています。

 

つまり「閲覧さえ稼げればお金儲けができるシステム」なのです。

例えば実際には起こっていないショッキングなタイトルの記事ばかりのニュースサイトを作り、それが話題になれば閲覧数が増えて収益が増えますよね。

「虚構新聞」などのフェイクニュースが流行ったのも、これが一つの理由です。

 

そういった事を生業とする方々から、この件もネタとして利用されました。

もちろん単純なアンチの方がまとめブログの記事を書かれている事もありましたが、ゴシップ系ブログも火付け役として一役買っていました。

 

ただ質が悪いことにこの手のブログは、真相はどうであれ炎上して閲覧が伸びる事が目的です。

そのため、内容はミスリードや確証バイアスのかかった内容ばかりが多く目立つ作りとなっていました。

 

結果、アンチ・正義感のあるユーザ・まとめブログの3者が肩を組む形となります。

ただこれに対して状況を正しく理解できている人間が圧倒的に少なかった事もあり、恐らく多くの方の頭に「悪い事をしたんだ」というイメージが残る結果となりました。

 

つづく

フェイクニュースの真実 その5 - 向井時雨のあまごい。